障害者の方向け就職対策

履歴書の書き方

就職活動ガイド

履歴書とは学業や職業の経歴等、人物の状況を記した書類の事で、就職や転職時に選考用の資料として用いられるものです。
人事担当者の方に最初に目につく書類であるため記入漏れなどミスがないように記入することが必要です。

履歴書作成のポイント

●誠意をもって書くことが一番大切です!
●間違えないように書きましょう
●応募する企業が求める人材は何かを理解しましょう
●志望動機や職務経歴は、応募している企業・職種に合わせて興味を持ってもらえる内容にしましょう!
●具体的に書くことを忘れずに!

記入の際は黒のボールペン、またはパソコンでの入力が基本です。
鉛筆や消えてしまう物は厳禁です。また、書いている途中でインクがかすれたり出過ぎたりしないように気をつけましょう。間違えてしまった場合は新しい用紙を使い、決して修正液などは使わないように。

字のバランス
一字一字丁寧に書くように心がけてください。時間をかけて丁寧に書くことによって文字を書くことに不安がある人も少しは改善されると思います。

学歴・職歴記入方法

●学歴の1行目には『学歴』と記入する
●学校名は省略せずに記入する
●学部や学科、専攻も記入する
●職歴の1行目には『職歴』と記入する
●入社した会社を(全て)記入する
●アピールになるのであれば、長期間就業したアルバイトやパート歴も記入する
●職歴が長く書ききれない場合はアルバイト等社会保険等の加入のないものだけ省略する
●職歴の終わりには以上を記入する

志望の動機

●結論を先に書き、後に理由を書く
●起承転結を考え、相手に分かりやすい文章にする
●記入する際、マニュアル本等の写しではなく自分の経験を踏まえて自分の言葉で書くようにする
●誤字・脱字、短すぎる文章にならないように注意する

基本的に履歴書に空欄部分は作らないようにする。書くべきところがない場合(資格など)特になしと記入する。
コピーをとっておくと志望動機になんと記入したのか確認が出来るため、面接時役に立つ。封筒に入れる前には必ずもう一度誤字脱字がないか確認を念入りにする。

【良い例】

【悪い例】

このページのトップへ
≫就職活動ガイド一覧 ≫障害者差別解消法 ≫オープン・クローズのメリット・デメリット
≫気持ちの落ち着かせ方・アンガーマネジメントとは ≫面接対策~身だしなみ・男女共通編~
≫発達障害者支援法と10年ぶりの改定について ≫ストレスの対処方法 ストレスマネジメント